非常勤の医師ってどういう勤務形態なの?

非常勤医師の気になる勤務形態

非常勤医師は、常勤医師と比較して勤務時間が短く設定される傾向がありますが、勤務体系や仕事内容にそれほど差が見られない職場も少なくありません。例えば、病棟で三交代制の勤務に従事をする非常勤医師は、早番や遅番、夜勤などを担当する機会が多くなるため、専門的な医療に関するノウハウだけでなく、体力や精神力なども要求されます。一方、病院やクリニックの外来や検診センターなどで勤務をする非常勤医師の多くは、日中の時間帯の仕事が中心となり、夜勤がある職場よりやや給料は低くなるものの、家庭生活との両立を目指しやすいという特徴があります。その他、非常勤医師の中でも特別な技術や経験を持つ医師は、常勤とほぼ変わらない待遇で勤務をすることも可能です。

非常勤医師として勤務をする際に知っておきたいこと

医療機関で非常勤医師として働くにあたり、予め各地の医療現場における業務内容や役割分担などをきちんと把握することにより、各自の経験を役立てることができます。特に、常勤の医師が不足している医療機関では、非常勤の医師の一人あたりの仕事量が多くなることもあるため、面接の際に担当者から業務に関する詳しい話を聞くことが大切です。また、経験が浅いために常勤医師になることが難しい場合には、若手の非常勤の医師の採用活動が活発に行われている医療機関を探すことがおすすめです。例えば、スタッフの人数にゆとりのある大学病院や総合病院などで非常勤の医師として数年程度の経験を積むことで、特定の業務に関するノウハウを働きながら身につけることも可能です。