お医者として採用されるためのコツ

一般的なコツは医師でも同じ

医師が転職をする際に採用してもらうために覚えておきたいコツとしては、一般的な採用のコツとほぼ変わりません。
書類審査でも面接でもまずは志望動機がはっきりしている事実が必要ですし、なぜその病院に転職しようと思ったのか、なぜ希望する診療科目がよかったのかなどこれまでの経緯や体験としっかり動機づけができるようにしておくのが大切です。特にこれまで経験してきた診療科目と異なる分野に転職しようとしている場合は、より周囲を納得させる動機づけが重要となります。
また面接での服装や態度も当然重要になってきますし、質疑応答でも慌てずに冷静に対応できるかどうかが医師として採用してもらえるかどうかの大切なポイントになっています。

自分の希望とマッチングしているか情報収集をする

履歴書を送付したり面接を受ける前に重要なコツとして指摘されているのが、自分が希望する条件と希望する転職先がマッチングしているのかどうかしっかり見極めるところだとされています。
医師の場合は病院以外にも様々な場面で活躍できるようになっており、それによって希望する条件や職場も幅広くなってきています。そのためより自分の希望する条件に合っているのか確認しておく必要がありますし、面接をする際にも希望条件とのすり合わせをしておくのが大切です。これは医師側だけではなく採用する側にとっても自分たちが希望する人材なのかどうか確認する重要な作業となっているので、お互いにマッチングしていれば採用してもらえる可能性も高くなっていると言われています。